1. 脉診流経絡治療による、全身治療

 経絡治療にも流派があります

経絡治療にも様々な流派が存在します。同じ経絡治療をうたっていても東洋はり医学会方式の経 絡治療とそれ以外の経絡治療とは全く異なります。


 当院の治療方針

当院は東洋はり医学会方式のはりきゅう治療院です。東洋医学的診断に基づく鍼灸医術による体質改善と生命力の強化を目的としています。接骨院のように、痛む部位だけを正常化することを目標にしていません。

鍼灸治療というと腰痛、肩こりなど局所的な痛みに効果があるというイメージがありますが、そのような単純な治療などではありません。表面の痛みを取る治療ではなく、体の根本的な部分から治療していきます。内科系、婦人科、耳鼻科など様々な病にも十分な効果を上げています。


 置鍼はしません

置鍼とは鍼を皮膚下面に刺したまま数分間にわたって放置することをいいます。 当院では術者が鍼を意識をもって操作した方が効果が高いと考えて治療しています。 術者の微弱な電流が影響鍼を通して影響を与えていると考えれば当然のことでしょう。

脉診流経絡治療について詳しくはこちら

2. 薬剤師でもある鍼灸師が
  薬の副作用をチェックします。

現代医学の治療はほとんどの場合医薬品の服用か外科的な処置のどちらかですが、どちらも生命体の持つ自然治癒力について考慮にいれた治療ではありません。

服薬治療では病気が見えなくなることはあっても病気を克服することはむずかしいのです。それどころか過剰の服薬による副作用や後遺症で苦しむことさえあります。

できるだけ薬物や外科的処置を行わずに自然に治癒すればこれに越したことはないのです。

当院では使用している薬の種類をチェックしながら治療を行っています。

院長は大学病院などで薬剤師として10数年の臨床経験があります。病院では主に医薬品の副作用について研究しておりました。 来院される患者さんの中にも薬の副作用に悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。薬の副作用は患者さんおよび医師、薬剤師もチェックしきれていないのが実情です。気になる症状がある場合には、お気軽に質問してください。

薬の副作用について詳しくはこちら

3. 接触鍼なので無痛です

接触鍼とは鍼先を皮膚面にわずかに当て、近づけたり押し付けたりして治療効果を出すという刺鍼法です。一般的な刺入鍼と比べて、接触鍼の方が深く刺す鍼よりも刺激が少なく、治療効果が高いことから、東洋はり医学会では標準的な刺鍼法となっています。

細い鍼が使えない患者さまや小児などは先の丸い棒のような鍉鍼(ていしん)といわれる鍼で治療をすすめます。

4. 患者さまひとりひとりに合わせた
  オーダーメイド治療です

初診の時に、他の治療院よりも長めに時間をとり、患者さまの状態をしっかり把握してから治療を行います。脉診流経絡治療は全身治療ですので、調子が悪い部分だけではなく、体調に関して気になっていることなど、なんでも気軽に相談してください。

5. 不妊治療に実績多数

経絡治療をしていない鍼灸院は局所的な不妊治療をしている治療院が多く見受けられます。 例えば腹部の周辺、腰部仙骨の周囲、三陰交など婦人科系に限定したツボのみで 治療を行います。

さらに周期療法と言って生理周期によって刺鍼する部位を定めて治療する場合があります。この治療法のメリットとしては治療周期のみで治療方法が決められるため、方針がたてやすいところがあるのです。そのため治療経験の浅い術者でもなんとなく治療できてしまうことから、複数の術者がいる治療院ではよくみられます。


当院では東洋医学独自の診断を行い、それぞれの状態にあったツボを選び治療しています。不妊、不育症に効果のあるツボはもちろん、全身の経絡を調整し、身体全体のバランスを整え、体質の改善を行ない妊娠しやすい身体作りを目指しています。

妊娠治療について詳しくはこちら

6. 難聴・めまいの治療に力をいれています

耳鳴りや閉塞感、耳が響く、めまいなど難聴に伴う症状にも鍼灸治療は有効です。もちろん難聴の薬の治療と併用しても問題ありません。

難聴は自律神経が乱れていることで発症することも少なくありません。脉診流経絡治療により、耳の症状だけではなく動悸など他の自律神経失調症状も改善できます。

難聴・めまいの治療について詳しくはこちら

7. 栄養療法もおすすめしています(ご希望の方のみ)

近年糖質制限療法という食事方法が注目されています。この糖質制限とは炭水化物(糖質)を摂取することを控えめにし、代わりにタンパク質を多めにとるという食事方法です。この食事方法を応用することで糖尿病をはじめとする生活習慣病や不妊治療、精神疾患などさまざまな分野で改善効果があることがわかり世界的にも注目されています。また、本療法を導入することで糖尿病や高血圧などの生活習慣病に有用であることがわかり、2013年10月より米国糖尿病学会で食事療法として推奨されています。

この糖質制限に加え、ビタミン類を高用量摂取(メガビタミン療法)することで同様に様々な疾患に有用であることがわかっています(三石巌先生の提唱する高たんぱく食療法+メガビタミン療法)。

当院では鍼灸治療にあわせて患者さまに合った栄養指導することで症状の改善を目指しています(ご希望の方のみ)。

ビタミン剤は手に入りやすい市販品をお勧めしています。


関連記事として、Q&Aページの「ビタミンは食物から十分とっていると思うが、サプリメントは飲んだ方がよいのか?」もご覧ください。

8. はりきゅう専門の治療院です

鍼灸を施す場所は接骨院整体院など様々な場所で見受けられます。

接骨院の鍼灸は痛みに対する局所治療がメインですから、不妊治療や体調不良などの内科的な疾患に対応していま せん。リラクゼーション系の鍼灸院やマッサージは治療というよりは癒しのための施術所です。カイロプラクティック、整体院は国家資格ではなく民間資格です。公の規制もありませんから、誰でも無資格で開業できてしまいます。

当院は国家資格を持つ鍼灸師が、病気の治療を目的として施術をいたします。臨床の専門家による鍼灸治療だけを専門にしている「治療院」です。マッサージ、按摩などの慰安、リラクゼーションを目的としての施術は行っておりません。

9. 学会に参加し、常に最新の情報に触れ
  技術向上を目指し研究しています

当院では東洋はり医学会方式の鍼灸経絡治療である「脉診流経絡治療」を実践しております。 東洋はり医学会では支部、本部含め毎月2回の講習会が催されております。院長の私も治療技術を高めるべく講習会に参加し技術向上を目指しております。


脉診流経絡治療の鍼灸師の育成や、同治療の普及啓蒙を推進している学術団体です。
昭和34年の発足以来50年以上に渡る活動の中で、3,000名以上の脉診流経絡治療の臨床家を世に送り出しています。
現在、会員は国内外に1,000名以上。東京本部及び各支部(日本40支部/海外14支部)において開催される講習会などで、鍼灸の技術向上・習得に励んでいます。

脉診流経絡治療について詳しくはこちら
東洋はり医学会ホームページはこちら

はじめての方へ