顔診断:鼻先で子宮の不調をみる

鼻は呼吸器系だけでなく生殖機能の不調もあらわれやすい場所です。

他にも心臓、消化器系からのサインも出るので

たくさんの情報よみとれます。

白く艶があるのが良い状態です。

 

・鼻先がふくれている  

赤くなったり、腫れているような場合は心臓、生殖器系に負担がかかっている

 

・小鼻  気管支、(女性)卵巣、胸、(男性)睾丸

小鼻にうっすらと赤みがでたり、吹き出物ができたときは肺や卵巣などに炎症が起きている傾向にあります。

 

・鼻先

心臓、(女性)子宮の入り口 (男性)ペニス

 

・人中(鼻の下)

女性 膣、男性 男性器(前立腺)

 

 

・ホクロについて

顔相学の視点ではほくろは信号機です。

ホクロがあれば注意しなさいという意味です。

注意して対処すればよいのです。

 

 

・鼻にでるホクロ

たとえば 小鼻のホクロは生殖器系や気管支の弱さを表します。

鼻の下(人中)のホクロは女性は膣や子宮、男性 前立腺を示します。

ここにホクロやいぼがあると生殖器に異常が起こり始めているサインと考えます。

子宮筋腫などの場合も人中にホクロができることがあります。

 

 

 

たまはりきゅう院  院長 田巻和洋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL