顔を見れば病気がわかる(夏編)眉間は赤くないですか?

東洋医学では暑さも病気の原因の一つとして考えます。

夏の厚さがもたらす熱は循環器系に影響します。

動悸、息切れ、ほてり、のぼせなどの症状につながります。

 

発汗で身体の水分を消耗するので、

熱中症や脱水症が起きやすくなるのもこの時期です。

 

我が国の夏は高温多湿なため湿邪の影響をうけ

倦怠感や食欲不振、四肢の痛めやすくなります。

 

さらに、エアコンで冷えすぎた部屋に長時間いることで身体が冷えきり

自律神経のバランスが乱れやすくなります。

 

 

 

 

夏は「心臓」「小腸」と関係が深い

この時期の身体は汗をかくことで体温の調節をしています。

発汗により血液中の水分やミネラル分が外に出てしまうため

血液はドロドロの状態になり流れにくい状態になります。

それが、心臓に負担をかけ動悸、息切れ、動脈硬化、心筋梗塞の原因になります。

 

 

小腸は栄養や水分の吸収に関連しています。

小腸は心つながっているため、暑さは小腸の機能に影響します。

そのため栄養不足や便が緩くなったりするのです

時に血尿になったりします。

 

 

 

 

心臓の健康状態は顔色に反映される

暑さは顔色や肌の状態に影響を与えます。

暑さで血流が増えているときは顔色は紅潮し、毛穴が開いて肌のきめも悪くなります。

 

血流が悪くなっているときは青白くなり、肌のつやも悪くなります。

 

 

たまはりきゅう院 田巻和洋

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL