赤ちゃんを授かるために必要なこと(不妊症治療)

〇赤ちゃんを授かるために必要なこと(不妊症治療)

当たり前なんですが、

その答えは 「充実した夫婦生活」 なんです。

 

 

 

なんだそんなことと思われる方もいると思います。

しかしながら、実際のところこの「夫婦生活」が、おろそかになっているケースは非常に多いのです。

 

 

 

当院の治療を受けられて妊娠した方で46歳の方がいらっしゃいました。

初診時の問診時、初産で自然妊娠を希望されていました。

 

 

診断、アンケート結果と基礎体温表を確認して、

おそらくすぐに妊娠するだろうと思いました。

 

  • 経絡バランスの乱れが少ない
  • 月経周期も問題ない
  • 夫婦生活は週4~5回

 

結果として治療を始めて2~3カ月で妊娠、無事に出産しました。

ここで重要なのは夫婦生活の頻度。

 

人工授精であれ、体外受精であれ、夫婦生活が充実していないと

妊娠する確率は落ちます。

妊娠するまでの時間がかかります。

 

 

妊娠を希望される患者さんには

アンケートを書いてもらうのですが、

・タイミングを合わせて月に1~2回

・体外受精をするから夫婦生活していません

なんて方がかなり多くいます。

 

 

そういう人にはまず夫婦生活を充実させてほしいと伝えています。

それが妊娠するための最重要ポイント。

 

やはり、赤ちゃんは愛の結晶なんです。

 

 

たまはりきゅう院  院長 田巻和洋

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL