鍼灸治療で脈を整えるということ(脈の速さ)

脈の速さはヒトによってバラバラ。  

「速かったり、遅かったり。」

その脈を鍼(はり)や灸(きゅう)を使って脈の速さを整えることができます。

そうすることが、症状を軽くする近道なのです。

 

具体的に述べると

  1.  ひと呼吸に4拍以上ある脈を速い脈(数脈:さくみゃく)
  2.  ひと呼吸に4拍以下の脈を遅い脈(遅脈:ちみゃく)    としています。

 

  1. 速い脈は発熱時や体力の消耗が激しい時 
  2. 遅い脈は気血のうっ滞が激しいときや 例外的にスポーツなどをしていて肺活量が高い場合にもみられます。

 

 

 

 

 

 

 

例えば

当院に来院されるほとんどの方の脈は速い傾向にあります。

これは多くの方が何らかのストレスを受けることによって 身体の体力が消耗されているためだと考えています。

 

 

一方、ストレスがなくなると速い脈は遅めにシフトします。

たとえば、空気のよいところ、安心できる場所にいくとリラックスできますね。

その時の脈はゆったりしているはずです。

 

 

不妊症治療に関連して考えると

妊娠しやすい状況 つまり、脈の速さを整えることも妊娠しやすさにつながっていきます。

速い脈が続けばストレスが負荷されている状況であり

妊娠もしにくいのです。

 

 

当院では

脈がゆっくりになるように治療をすすめています。

そのため、治療後は身体がやすまるのです。

 

 

脈が速くないことが、身体にとって楽な状態です。

これを繰り返すことで、ストレスによって出てきた症状は軽減されていきます。

 

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL