平成28年度 不妊症治療のまとめ(その4)

○平成28年度 不妊症治療のまとめ(その4)

 

 当院では生活習慣の改善にも力を入れています。

 

 

 

たとえば、不妊治療の臨床においては

 

「夫婦生活の活性化💖」 

 

は必須事項です。

 

 

 

今回は数値に示すことはできませんでしたが、

体外受精や人工授精であっても夫婦生活の回数が極端に少ないと妊娠する可能性が低くなる傾向になります。

 

 

治療だけで満足することなく夫婦生活の改善も同時に行っていくことが妊娠する可能性を高めるのに有効です。

 

 

全体の症例としては多くはありませんが、ある程度継続していただいた患者さんの妊娠率は低くはないと思います。

 

 

これは当院の鍼灸治療にて身体の経絡バランスが調整され、

同時に生活指導の結果、生活習慣が改善されたことで妊娠率が向上したと推察しています。

 

 

今後もより短い期間で妊娠する率が上がるように検討する予定です。

 

以上

 

 

 

無痛のはりきゅう たまはりきゅう院

 

JR浦和駅 北口 徒歩2分

埼玉県 さいたま市浦和区東仲町8-17

日月休診

☎048-883-6538

 

http://www.tamahariq.jp/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL