平成28年度 不妊症治療のまとめ(その1)

 

〇平成28年度 当院における不妊治療の症例データ (その1)

(一部抜粋)

 

 平成28年度において当院で不妊症治療を行い陽性反応があったもののうち、報告のあった症例を集計しました。

 

〇結果

B-1

 


 

B-1は妊娠確認後、心拍確認までできた症例である。

症例の28は精子機能が減弱していることからご主人の治療も並行しておこなっている。

(後のブログで説明します)

 

 

・全体として

 週1回の鍼灸治療を受けることで半年程度で妊娠に至っている。

 

 

・治療期間、治療回数は

 妊娠までの治療期間は平均148日(4.9カ月)、平均治療回数は16.8回でした。(再度集計しました)

 

 

〇まとめ

 

・治療期間や回数につい

 

 平成28年度の集計結果からは 週1回の鍼灸治療を受けることでおよそ6カ月で妊娠に至っていることがわかります。

しかしながら、実際のところは治療期間や回数に関しては個々の症例ごとにバラバラです。治療して数回で妊娠する人もいれば年単位の治療期間を要する場合もあります。

これは個々の体質や生活環境に起因することから、平均値(平均治療期間や平均治療回数)はあくまでも目安であり本質的な意味あいは小さいと考えています。

 

 

平均治療期間: 週に1回治療したとしておよそ5カ月

 

 

 

・治療の間隔について

 

 今回の調査した症例では多くが週1回の割合で治療をしています。

 

 

 

経験的にも治療回数と治療効果とは比例することから

 

治療間隔が伸びると妊娠に至るまでの治療期間も伸びる傾向にあります。

 

 

 

 

治療間隔をのばすのは薬を薄めて飲むようなものです。

早く結果を出したいのであれば週に1回は治療をけたほうがよさそうです。

 

 

 

以上

 

 

無痛のはりきゅう たまはりきゅう院

JR浦和駅 北口 徒歩2分

埼玉県 さいたま市浦和区東仲町8-17

日月休診

☎048-883-6538

 

http://www.tamahariq.jp/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL